集団指導型学習塾のデメリット

教室の規模が大きいのでフォロー体制が万全ではない

集団指導型学習塾は、個別指導塾のように少人数制で授業を進めるのではなく、多数の生徒を一度に指導する形式になっています。教室の規模が大きいと一緒に学び合う仲間やライバルが多いというメリットもありますが、一人一人に対するフォロー体制が万全ではないというデメリットもあります。一度聞けば教わった内容を理解することができるという生徒であれば集団指導型学習塾は成績アップなどに有効ですが、一度聞いただけでは理解することができないという生徒にはデメリットの方が高いといえます。個別指導塾であれば先生との距離が近く、わからないことがあってもすぐ質問することができますが、集団指導型学習塾は先生との距離が遠いので、質問する機会に恵まれないからです。

先生との相性が悪くてもなかなか代えることができない

集団指導型学習塾で教えている先生の多くは、プロの塾講師として本業で働いている方が多いので、教え方が上手く優秀な方が多い傾向です。しかしいくら優秀な先生であっても、すべての生徒と相性が良いというわけではないので、中には先生との相性が悪く悩んでいる生徒もいるかもしれません。そんな時、個別指導塾であれば他の先生に代えてもらうことが比較的容易にできますが、集団指導型学習塾で先生を代えてもらうのは難しいといえます。なぜなら集団指導型学習塾は多数の生徒を1人の先生が教える形式をとっているので、先生の数が個別指導塾より圧倒的に少ないからです。高校受験専門の塾になると、学年ごとに教科ずつの先生しかいない場合もあり、代えてもらうことは難しいといえるでしょう。