個別指導型学習塾の選び方

教室の雰囲気で選ぶと良い

個別指導塾には様々な種類がありますので、一体どこを選んだらよいのかわからない人も少なくないでしょう。この場合、選び方の基準の1つとしては教室の雰囲気で選ぶと良いです。教室の雰囲気は、その教室の担当者によって大きく異なる可能性があります。例えば、同じ系列の個別指導塾でもある学習塾の教室は非常に賑やかで活気がありますが、別の所は静かでおとなしい雰囲気の可能性があります。このように、それぞれ教室の雰囲気が違うため、自分に合ったところを選ぶのが1番です。人によって、静かな方が集中できる人と少しざわついている方が集中できる人がいますので、自分がどちらに向いているかで判断するとよいかもしれません。ちなみに、雰囲気はホームページやパンフレットではわからないため実際に教室に行ってみることが大事です。

先生によって選ぶ方法もある

人間は、相性が良い人と良くない人、そしてどちらでもない人がいます。このうち、個別指導塾を選ぶ場合には相性の良い先生を選ぶと良いです。先生との相性が非常に重要で、勉強の理解度にも大きな影響を与えると言っても良いです。つまり、努力とは別のところで少しでも良い成績を取りたければ先生を選ぶのが1番です。この時理解しておきたい事は、人気のある先生が必ずしも自分にとって良い先生とは限らないことです。そのため、事前の口コミを参考にしつつ実際に選ぶ段階では、授業を受けてみてから選ぶのが良いです。ちなみに、個別指導塾の多くは体験学習を行っていますので、その時に判断しましょう。大抵の場合、講師変更ができるようになっています。

冬期講習は、受講者が現役生なら年度末に向けた弱点補強が主目的になり、受験生なら応用力や実践力を高めるのが主目的になります。自分の立場や学力の状況により、受講科目を適切に選ぶことが大切です。