個別指導型学習塾のデメリット

他の生徒との接点がない

個別指導型学習塾では先生と生徒、一対一の授業が行われます。このため生徒一人ひとりのレベルに合う授業を受けることが可能です。しかし一対一だということは、他の生徒との接点がほとんど無い、ということでもあります。今自分がどの程度のレベルにいるのか、他の人との差はどのくらいか、ということをなかなか知ることができないのです。競争相手を意識していたほうがモチベーションが上がる、というタイプの人には向いていないかもしれません。ただ、授業を一緒に受けていないくても、成績表などから自分のレベルを知ることはできます。ライバルがいたほうがやる気が出る、というタイプの人は定期テストや模擬試験の結果を意識しながら、勉強を進めるのが良いかもしれません。

集団指導塾より費用が高め

一般的に、個別指導型学習塾は集団指導塾よりも授業料が高めとなっています。一人の生徒に対し一人の先生が付くことになりますから、どうしても授業料が高くなりやすいのです。ただし、コストパフォーマンスという点から見ると、個別指導型学習塾の授業料はさほど高くないといえるかもしれません。同じ時間授業を受けても、集中している場合とそうでない場合では、身につく知識の量に大きな差が生まれます。集団指導の授業ではわからない部分があっても質問できない、という人もいるでしょう。一度周囲から遅れを取ってしまうと、あとから追いつくのは大変です。内容の濃い授業を受けてしっかりと勉強したい、そんな場合には多少費用が高くても、個別指導塾を選ぶべきかもしれません。

小学生の塾えらびのポイントは、補習や中学受験など、勉強の目的に合うのはもちろんですが、同じ教室で学ぶ仲間の質も意外に重要です。お互い切磋琢磨して高めあうのか、馴れ合って惰性で通うのかの分かれ道です。